2011年09月15日

エターナル・サンシャイン


『エターナル・サンシャイン』(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)は、2004年公開のアメリカ映画。
ミシェル・ゴンドリー監督。人気脚本家チャーリー・カウフマンがプロデューサーおよび脚本家で参加している。

誰でも一度くらい「失恋の痛みに耐えるくらいなら、いっそ全部忘れてしまいたい」と思ったことがあるのでは?
そんなことが本当に可能だったら…という奇想天外な発想から生まれた、ロマンティックで切ないラブストーリー。
2人がケンカ別れした現在から始まり、幸せだった頃へと逆回転で進んでいく複雑で巧妙な脚本を手掛けたのは、『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマン。

原題は、劇中でメアリーが暗唱するアレキサンダー・ポープの詩にちなむ。
ミシェル・ゴンドリー、チャーリー・カウフマン、ピエール・ビスマスの3人は、この作品によって2004年度のアカデミー脚本賞を受賞した。


◆つづき→ あらすじ/動画/私の感想(ネタバレあり)
posted by ゆうみん at 15:30| Comment(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

エイリアンVS.プレデター

ジャンル : SF
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画
監督・脚本 : ポール・W・S・アンダーソン
VFXスーパーバイザー : ジョン・ブルーノ
出演 : サナ・レイサン
ラウル・ボヴァ
コリン・サーモン


[ あらすじ ]

現代。
ウェイランド社の衛星データが、驚くべき発見を告げる。
南極の氷河の地下600mに正体不明の熱源が見つかったのだ。

社長のウェイランドは、採掘と調査のエキスパートを招集し、現地に向かう。
チームのガイド役を依頼されたレックスは、調査の危険を訴えるが、耳を貸す者はいない。

調査チームは荒廃した捕鯨基地の下に直径3mの筒状の地下ルートを発見。
その穴の先でレックスたちが目にしたのは、巨大なピラミッドだった。
だがそこは、エイリアンとプレデターが長年に渡って死闘を繰り広げる“聖域”だったのだ!

< DVDにて鑑賞 >
私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 01:26| Comment(5) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

宇宙戦争

CA310033.jpg

ジャンル : アクション
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP映画
監督 : スティーヴン・スピルバーグ
出演 : トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ティム・ロビンス
ミランダ・オットー
ダニエル・フランゼーゼ


[ あらすじ ]

異変は、アメリカ東部の町に起こった。
立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。
直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。
地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。

一部始終を目撃した港湾労働者のレイは、別れた妻から預かった息子と娘、ロビーとレイチェルを連れて町を脱出。
安全な場所を探して車を走らせるが、“物体”は世界各地に同時多発的に出現していたのだった。

人類が初めて体験する宇宙からの侵略。
最期の時を前に、人々はただ怯えることしかできない――。

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

オーシャンズ12

ジャンル : アクション
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : ワーナー・ブラザース映画
監督 : スティーブン・ソダーバーグ

出演 :
ジョージ・クルーニー
ジュリア・ロバーツ
ブラッド・ピット
アンディ・ガルシア
キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

2005年1月22日
梅田ブルク7にて鑑賞。
 
映画が終わって・・・
posted by ゆうみん at 20:44| Comment(1) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。