2006年07月14日

キングコング

原題 : King Kong
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP


■ キャスト(役名)

Naomi Watts ナオミ・ワッツ (Ann Darrow)
Jack Black ジャック・ブラック (Carl Denham)
Adrien Brody エイドリアン・ブロディ (Jack Driscoll)
Andy Serkis アンディ・サーキス (King Kong/Lumpy)
Jamie Bell ジェイミー・ベル (Jimmy)
Colin Hanks コリン・ハンクス (Preston)
Kyle Chandler カイル・チャンドラー (Bruce Baxter)
Thomas Kretschmann トーマス・クレッチマン (Captain Englehorn)
Evan Parke エヴァン・パーク (Hayes)


■ スタッフ

監督
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

製作
Jan Blenkin ジャン・ブレンキン
Carolynne Cunningham キャロリン・カニンガム
Fran Walsh フラン・ウォルシュ
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

脚本
Fran Walsh フラン・ウォルシュ
Philippa Boyens フィリッパ・ボウエン
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

撮影
Andrew Lesnie アンドリュー・レスニー

SFX
Richard Taylor リチャード・テイラー

音楽
James Newton Howard ジェームズ・ニュートン・ハワード

美術
Grant Major グラント・メイジャー

編集
Jamie Selkirk ジェイミー・セルカーク

衣装(デザイン)
Terry Ryan

その他
Joe Letteri ジョー・レッテリ

 

■ 解説

幻の孤島で捕らえられた巨大な野獣と、人間の美女の悲恋を描くアドヴェンチャー大作。
1933年作品のリメイク。
監督・製作・脚本は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン。
共同脚本はジャクソン作品常連のフラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエン。
撮影も「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアンドリュー・レスニー。
音楽は「バットマン ビギンズ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。
美術は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのグラント・メイジャー。
出演は「ザ・リング」シリーズのナオミ・ワッツ、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「ヴィレッジ」のエイドリアン・ブロディ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアンディ・サーキス、「DEAR WENDY〈ディア・ウェンディ〉」のジェイミー・ベル、『オレンジカウンティ』(V)のコリン・ハンクス、「ゴッド・ディーバ」のトーマス・クレッチマンほか。

あらすじ全文 と 私の感想 【 ネタばればれ 注意 】
posted by ゆうみん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

CASSHERN (キャシャーン)

■ キャスト

【キャシャーン】 伊勢谷友介
【上月ルナ】 麻生久美子
【東博士】 寺尾  聰
【東ミドリ】 樋口可南子
【上月博士】 小日向文世
【アクボーン】 宮迫 博之
【サグレー】 佐田真由美
【バラシン】 要 潤
【内藤】 及川 光博
【坂本】 寺島 進
【上条将軍】 大滝 秀治
【老医師】 三橋 達也
【ブライ】 唐沢 寿明

■ スタッフ 【監督】 紀里谷和明


[ あらすじ ]

我々が歩んできた歴史とは全く異なる歴史を歩んできた世界。
世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。
50年も続く大戦の果てに、 大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯を支配するに至った。
しかし、その勝利で得た物は人心の荒廃に、化学兵器、細菌兵器、核がもたらした薬害やウィルス、 放射能などの後遺症と荒れた大地だけであった。
人類の未来は終焉を迎えようとしていた。

重い病に苦しむ妻をもつ、遺伝子工学の世界的権威東博士は、人間のあらゆる部位を自在に造り出す「新造細胞」理論を提唱。東博士は妻ミドリを救うため、この研究の実用化を急ぎ学会で援助を仰ぐ。
既得権を奪われまいと、博士の理論を却下する保健省。
しかし、その理論を私欲のために利用しようとする軍関係者の援助により、研究は始まった。

そして故意か必然か、実験場から生まれた新生命体・新造人間。
人類は神の領域へと踏み込んだのだ。

しかし、人類を救済するはずだった「新造細胞」は、人類へ滅びの道を歩ませようとしていた……。

写真や関連情報は 【 こちら

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 23:24| Comment(9) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

製作年 : 2002年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP
監督 : スティーヴン・スピルバーグ

レオナルド・ディカプリオ(Frank Abagnale Jr.)
トム・ハンクス(Carl Hanratty)
クリストファー・ウォーケン(Frank Abagnale)
マーティン・シーン(Roger Strong)
ナタリー・バイ(Paula Abagnale)
エイミー・アダムス(Brenda Strong)
ジェニファー・ガーナー(Cheryl Ann)

あらすじ全文と私の感想
posted by ゆうみん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。