2005年08月28日

CASSHERN (キャシャーン)

■ キャスト

【キャシャーン】 伊勢谷友介
【上月ルナ】 麻生久美子
【東博士】 寺尾  聰
【東ミドリ】 樋口可南子
【上月博士】 小日向文世
【アクボーン】 宮迫 博之
【サグレー】 佐田真由美
【バラシン】 要 潤
【内藤】 及川 光博
【坂本】 寺島 進
【上条将軍】 大滝 秀治
【老医師】 三橋 達也
【ブライ】 唐沢 寿明

■ スタッフ 【監督】 紀里谷和明


[ あらすじ ]

我々が歩んできた歴史とは全く異なる歴史を歩んできた世界。
世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。
50年も続く大戦の果てに、 大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯を支配するに至った。
しかし、その勝利で得た物は人心の荒廃に、化学兵器、細菌兵器、核がもたらした薬害やウィルス、 放射能などの後遺症と荒れた大地だけであった。
人類の未来は終焉を迎えようとしていた。

重い病に苦しむ妻をもつ、遺伝子工学の世界的権威東博士は、人間のあらゆる部位を自在に造り出す「新造細胞」理論を提唱。東博士は妻ミドリを救うため、この研究の実用化を急ぎ学会で援助を仰ぐ。
既得権を奪われまいと、博士の理論を却下する保健省。
しかし、その理論を私欲のために利用しようとする軍関係者の援助により、研究は始まった。

そして故意か必然か、実験場から生まれた新生命体・新造人間。
人類は神の領域へと踏み込んだのだ。

しかし、人類を救済するはずだった「新造細胞」は、人類へ滅びの道を歩ませようとしていた……。

写真や関連情報は 【 こちら

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 23:24| Comment(9) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイリアンVS.プレデター

ジャンル : SF
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画
監督・脚本 : ポール・W・S・アンダーソン
VFXスーパーバイザー : ジョン・ブルーノ
出演 : サナ・レイサン
ラウル・ボヴァ
コリン・サーモン


[ あらすじ ]

現代。
ウェイランド社の衛星データが、驚くべき発見を告げる。
南極の氷河の地下600mに正体不明の熱源が見つかったのだ。

社長のウェイランドは、採掘と調査のエキスパートを招集し、現地に向かう。
チームのガイド役を依頼されたレックスは、調査の危険を訴えるが、耳を貸す者はいない。

調査チームは荒廃した捕鯨基地の下に直径3mの筒状の地下ルートを発見。
その穴の先でレックスたちが目にしたのは、巨大なピラミッドだった。
だがそこは、エイリアンとプレデターが長年に渡って死闘を繰り広げる“聖域”だったのだ!

< DVDにて鑑賞 >
私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 01:26| Comment(5) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

宇宙戦争

CA310033.jpg

ジャンル : アクション
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP映画
監督 : スティーヴン・スピルバーグ
出演 : トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ティム・ロビンス
ミランダ・オットー
ダニエル・フランゼーゼ


[ あらすじ ]

異変は、アメリカ東部の町に起こった。
立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。
直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。
地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。

一部始終を目撃した港湾労働者のレイは、別れた妻から預かった息子と娘、ロビーとレイチェルを連れて町を脱出。
安全な場所を探して車を走らせるが、“物体”は世界各地に同時多発的に出現していたのだった。

人類が初めて体験する宇宙からの侵略。
最期の時を前に、人々はただ怯えることしかできない――。

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。