2011年09月15日

エターナル・サンシャイン


『エターナル・サンシャイン』(Eternal Sunshine of the Spotless Mind)は、2004年公開のアメリカ映画。
ミシェル・ゴンドリー監督。人気脚本家チャーリー・カウフマンがプロデューサーおよび脚本家で参加している。

誰でも一度くらい「失恋の痛みに耐えるくらいなら、いっそ全部忘れてしまいたい」と思ったことがあるのでは?
そんなことが本当に可能だったら…という奇想天外な発想から生まれた、ロマンティックで切ないラブストーリー。
2人がケンカ別れした現在から始まり、幸せだった頃へと逆回転で進んでいく複雑で巧妙な脚本を手掛けたのは、『マルコヴィッチの穴』のチャーリー・カウフマン。

原題は、劇中でメアリーが暗唱するアレキサンダー・ポープの詩にちなむ。
ミシェル・ゴンドリー、チャーリー・カウフマン、ピエール・ビスマスの3人は、この作品によって2004年度のアカデミー脚本賞を受賞した。


◆つづき→ あらすじ/動画/私の感想(ネタバレあり)
posted by ゆうみん at 15:30| Comment(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタフライ・エフェクト

『バタフライ・エフェクト』(The Butterfly Effect)は、2004年に公開されたアメリカ映画。
日本では2005年5月に公開された。
カオス理論の一つ、バタフライ効果をテーマに製作された。
斬新で衝撃的なアイディア、練り込まれた脚本が受け、本国アメリカで初登場1位を記録した。

「バタフライ・エフェクト」とは、「小さな蝶が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が起こる」という、わずかな違いが後に大きな結果の差を生む理論。
誰しも、「もしもあの時、こうしていれば」という、未知の運命に思いをはせることがあるだろうが、この物語は、その心理に訴える、意外性のあるサスペンスだ。
主人公エヴァンは、失われた記憶の中に意識を戻し、愛する幼なじみの人生を救うため過去を変えようとするが、その先には、切ない結末が待っている。

◆つづき→ あらすじ/動画/私の感想(ネタバレあり)
posted by ゆうみん at 14:29| Comment(0) | [ は ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

バタフライ・エフェクト2

『バタフライ・エフェクト2』(原題:The Butterfly Effect 2)は、2006年に公開されたアメリカ映画。
日本では2007年10月に公開された。

カテゴリ サスペンス
製作年 2006年
製作国 米
原題 THE BUTTERFLY EFFECT 2
時間 92分


本国アメリカはもちろん、日本でも口コミで評判が広まり、大ヒットした『バタフライ・エフェクト』の続編。
過去へ戻るたびに予想もつかない現実が現われるユニークな作風はそのままに、独立したオリジナル・ストーリーになっているので、前作が未見でも十分に楽しめる。

アシュトン・カッチャーから主演を受け継いだのは、TVシリーズ「Lの世界」で人気を博すエリック・ライヴリー。
日本ではほぼ無名の俳優だが、過去に戻る特殊能力を持ちながら煩悩に振り回され失敗を繰り返す、人間くさい主人公を好演している。
SFテイストのサスペンスだが、根底にあるのは人間の欲深さと切ないラブストーリー。
ラストには、思いもよらない感動が待ち受ける!

◆つづき→ 動画/あらすじ/私の感想 (ネタバレあり)
posted by ゆうみん at 18:11| Comment(0) | [ は ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

M:i:III(ミッションインポッシブル3)

060816_1441~0001.jpg


ジャンル : アクション
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP映画

監督 : J.J.エイブラムズ
出演 : トム・クルーズ 、 フィリップ・シーモア・ホフマン 、 ヴィング・レイムス 、 ローレンス・フィッシュバーン 、 ミシェル・モナハン


作品解説・紹介

スパイを引退したイーサン・ハントは教官となり、婚約者のジュリアと幸せな日々を過ごしていた。
しかし教え子リンジーの危機を知らされた彼は、現場に復帰。
リンジーの救出作戦に参加するが、彼女は頭に仕掛けられた爆弾で死んでしまう。

その後、一連の事件の裏に闇商人オーウェン・デイヴィアンがいることを知ったイーサンのチームは、デイヴィアンを秘密裏に確保すべく、一路バチカンへと向かうのだった…。


アメリカ、ベルリン、ローマ、上海を舞台に、IMFの諜報員イーサン・ハントの活躍を描くシリーズ第3弾。
今回監督を務めたのは、テレビドラマ「LOST」などを大ヒットに導いたJ.J.エイブラムス。
前作であるジョン・ウー版のアクション性を引き継ぎながらも、イーサン・ハントを一人の人間として描くことを試みた。

危険な仕事と愛する人の間で悩むイーサンの姿は、なかなかに新鮮だ。
そのイーサンを演じるトム・クルーズは、かなり激しいアクションに挑戦。
橋の割れ目を大ジャンプするシーンでは、ダイナミックなアクションを完成させている。
スパイ映画らしさは多少薄いが、アクション映画としては十分楽しめる作品に仕上がっている。



↓ こちらで 予告編が観れるかも。

M:i:III - goo 映画
M:i:III - goo 映画


私 の 感 想  【 ネ タ バ レ 注 意 】
posted by ゆうみん at 15:20| Comment(16) | TrackBack(0) | [ ま ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

キングコング

原題 : King Kong
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP


■ キャスト(役名)

Naomi Watts ナオミ・ワッツ (Ann Darrow)
Jack Black ジャック・ブラック (Carl Denham)
Adrien Brody エイドリアン・ブロディ (Jack Driscoll)
Andy Serkis アンディ・サーキス (King Kong/Lumpy)
Jamie Bell ジェイミー・ベル (Jimmy)
Colin Hanks コリン・ハンクス (Preston)
Kyle Chandler カイル・チャンドラー (Bruce Baxter)
Thomas Kretschmann トーマス・クレッチマン (Captain Englehorn)
Evan Parke エヴァン・パーク (Hayes)


■ スタッフ

監督
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

製作
Jan Blenkin ジャン・ブレンキン
Carolynne Cunningham キャロリン・カニンガム
Fran Walsh フラン・ウォルシュ
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

脚本
Fran Walsh フラン・ウォルシュ
Philippa Boyens フィリッパ・ボウエン
Peter Jackson ピーター・ジャクソン

撮影
Andrew Lesnie アンドリュー・レスニー

SFX
Richard Taylor リチャード・テイラー

音楽
James Newton Howard ジェームズ・ニュートン・ハワード

美術
Grant Major グラント・メイジャー

編集
Jamie Selkirk ジェイミー・セルカーク

衣装(デザイン)
Terry Ryan

その他
Joe Letteri ジョー・レッテリ

 

■ 解説

幻の孤島で捕らえられた巨大な野獣と、人間の美女の悲恋を描くアドヴェンチャー大作。
1933年作品のリメイク。
監督・製作・脚本は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン。
共同脚本はジャクソン作品常連のフラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエン。
撮影も「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアンドリュー・レスニー。
音楽は「バットマン ビギンズ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。
美術は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのグラント・メイジャー。
出演は「ザ・リング」シリーズのナオミ・ワッツ、「スクール・オブ・ロック」のジャック・ブラック、「ヴィレッジ」のエイドリアン・ブロディ、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのアンディ・サーキス、「DEAR WENDY〈ディア・ウェンディ〉」のジェイミー・ベル、『オレンジカウンティ』(V)のコリン・ハンクス、「ゴッド・ディーバ」のトーマス・クレッチマンほか。

あらすじ全文 と 私の感想 【 ネタばればれ 注意 】
posted by ゆうみん at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

■ストーリー

100年の封印を破って、ついに復活する伝統の競技会 全魔法界が注目する三大魔法学校対抗試合<トライウィザード・トーナメント>!
新学期初日、ダンブルドア校長の重大発表に、ホグワーツ全体が大きく揺れた!
100年ぶりの復活宣言!もはや伝説となった「三大魔法学校対校試合」が、今年、ここホグワーツで復活を遂げるというのだ!

世界の三大魔法学校の生徒が一堂に集まり、1年をかけて魔法の力を競い合う交流戦。
今まで中断されていた理由は“夥しい数の死者”という、まさに命がけの競技会!
参加資格は17歳以上。
立候補した生徒のなかから“炎のゴブレット”が各校の代表選手を選び出す。

ところが、3校の代表選手選出後に、4人目の名前が告げられたのだ――ハリー・ポッター!
資格もなく、立候補もしていないハリーがなぜ?

代表選手に課せられる課題は三つ。
試されるのは、はじめに勇気、次に知恵、そして最後に、危険を乗り越える力。
死力を尽くして戦うハリー。

しかし、本当の戦いはゴールの向こうに待っていた!


■STAFF&CAST

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 他
監督:マイク・ニューウェル
配給:ワーナー・ブラザース映画

【 私の感想 (大したことは書いてません) 】
posted by ゆうみん at 22:58| Comment(5) | TrackBack(0) | [ は ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

食神

製作年 : 1996年
製作国 : 香港
配給 : 彩プロ配給




キャスト(役名)

Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー(食神)
KarenMok 莫文蔚 カレン・モク(火鶏)
呉孟達 ウ・マンタ(Eric)
谷徳昭 クー・タクチュン(唐牛)
薛家燕 シッ・カーイン(Miss Nancy)





スタッフ

監督 : Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー / 李力持 リー・リクチ
製作 : 楊國輝 ヤン・ゴッファイ 
脚本 : Stephen Chow 周星馳 チャウ・シンチー / 曾謹昌 ケー・シー・ツァン / 勞文生 ロー・マンサン
撮影 : Jingle Ma 馬楚成 ジングル・マー
音楽 : 許願 クラレンス・ホイ
字幕 : 日笠千晶
その他 : 陳東 トニー・チャン





DVDは、【こちら
 
 【 あらすじと 私の感想 (ネタバレあり) 】
posted by ゆうみん at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | [ さ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

CASSHERN (キャシャーン)

■ キャスト

【キャシャーン】 伊勢谷友介
【上月ルナ】 麻生久美子
【東博士】 寺尾  聰
【東ミドリ】 樋口可南子
【上月博士】 小日向文世
【アクボーン】 宮迫 博之
【サグレー】 佐田真由美
【バラシン】 要 潤
【内藤】 及川 光博
【坂本】 寺島 進
【上条将軍】 大滝 秀治
【老医師】 三橋 達也
【ブライ】 唐沢 寿明

■ スタッフ 【監督】 紀里谷和明


[ あらすじ ]

我々が歩んできた歴史とは全く異なる歴史を歩んできた世界。
世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。
50年も続く大戦の果てに、 大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯を支配するに至った。
しかし、その勝利で得た物は人心の荒廃に、化学兵器、細菌兵器、核がもたらした薬害やウィルス、 放射能などの後遺症と荒れた大地だけであった。
人類の未来は終焉を迎えようとしていた。

重い病に苦しむ妻をもつ、遺伝子工学の世界的権威東博士は、人間のあらゆる部位を自在に造り出す「新造細胞」理論を提唱。東博士は妻ミドリを救うため、この研究の実用化を急ぎ学会で援助を仰ぐ。
既得権を奪われまいと、博士の理論を却下する保健省。
しかし、その理論を私欲のために利用しようとする軍関係者の援助により、研究は始まった。

そして故意か必然か、実験場から生まれた新生命体・新造人間。
人類は神の領域へと踏み込んだのだ。

しかし、人類を救済するはずだった「新造細胞」は、人類へ滅びの道を歩ませようとしていた……。

写真や関連情報は 【 こちら

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 23:24| Comment(9) | TrackBack(0) | [ か ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイリアンVS.プレデター

ジャンル : SF
製作年 : 2004年
製作国 : アメリカ
配給 : 20世紀フォックス映画
監督・脚本 : ポール・W・S・アンダーソン
VFXスーパーバイザー : ジョン・ブルーノ
出演 : サナ・レイサン
ラウル・ボヴァ
コリン・サーモン


[ あらすじ ]

現代。
ウェイランド社の衛星データが、驚くべき発見を告げる。
南極の氷河の地下600mに正体不明の熱源が見つかったのだ。

社長のウェイランドは、採掘と調査のエキスパートを招集し、現地に向かう。
チームのガイド役を依頼されたレックスは、調査の危険を訴えるが、耳を貸す者はいない。

調査チームは荒廃した捕鯨基地の下に直径3mの筒状の地下ルートを発見。
その穴の先でレックスたちが目にしたのは、巨大なピラミッドだった。
だがそこは、エイリアンとプレデターが長年に渡って死闘を繰り広げる“聖域”だったのだ!

< DVDにて鑑賞 >
私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 01:26| Comment(5) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

宇宙戦争

CA310033.jpg

ジャンル : アクション
製作年 : 2005年
製作国 : アメリカ
配給 : UIP映画
監督 : スティーヴン・スピルバーグ
出演 : トム・クルーズ
ダコタ・ファニング
ティム・ロビンス
ミランダ・オットー
ダニエル・フランゼーゼ


[ あらすじ ]

異変は、アメリカ東部の町に起こった。
立ちこめる暗雲から稲妻がほとばしり、落雷地点が脈打つように震動する。
直後、人々の眼に信じがたい光景が映った。
地中深くから巨大な三本足の“物体”が姿を現し、人間を手当たり次第に抹殺し始めたのだ。

一部始終を目撃した港湾労働者のレイは、別れた妻から預かった息子と娘、ロビーとレイチェルを連れて町を脱出。
安全な場所を探して車を走らせるが、“物体”は世界各地に同時多発的に出現していたのだった。

人類が初めて体験する宇宙からの侵略。
最期の時を前に、人々はただ怯えることしかできない――。

私の感想 ( ネタバレあり )
posted by ゆうみん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | [ あ ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。